デジタルガジェットと鉄道に関する読み物サイト

ヤバイです。
なんだかんだと、更新がほぼ1月半止まっておりました。

やはり、本業でライターをしていると、「書く」という行為はお仕事を頂いているクライアントさん優先でやらなければならないため、なかなかこっちまで手を回せないのが現状です。本当は、クライアントさんに対して完璧に仕事をこなしつつ、時間的に余裕があって、ブログの更新もしているというのが真のプロなんでしょうが、まだまだ修行が足りないようです。
こうして書いている今日も、既に今月の仕事が何本も回っている状況ではあるのですが、少しだけまだ余裕があるので、なんとか更新作業をしているという感じです。
とはいえ、来週からまた怒濤のように仕事をしなければならないため、また更新が止まる可能性大です。(汗

ちなみに、この1ヶ月半の間、通常の仕事をしつつも北海道に行ったり、長岡に北陸の最後を取材したり、583系を追いかけたりと色々としてます。
ここら辺の話はまた時間を見つけてボチボチとしたいと思います。

そういえば、4月1日に蘇我駅で京葉線に8月から201系・205系の置き換えとして運用が予定されているE233系5000番代の試運転を見かけました。この日は直通運転している外房線での試運転が行われたらしく、外房線から蘇我駅の2番線に到着し、その後は京葉線に入っていきました。後続の電車で追いかけましたが、新習志野に到着後は京葉車輌センターに入庫した模様です。(エイプリルフールではないですヨ)

京葉線用 E233系5000番代試運転

8月に営業運転が予定されている京葉線用 E233系5000番代が試運転を実施(蘇我駅にて)


E233系5000番代と205系のツーショット

E233系5000番代と205系の新習志野駅でのツーショット。E233系はこの後、京葉車輌センターに還っていった模様。

ちょっと、前になりますが、とある用事で長岡に行きました。

これがメインの用事ではなかったのですが、もちろん、長岡と言えば、寝台特急北陸がEF64 1000番代から長岡のEF81に機関車交換と方向転換をする場所をなので、バッチリと取材してきました。

その様子を何回かに分けてお伝えします。

実は長岡というところは、この3月のダイヤ改正までは夜行列車のメッカとも言える場所です。なぜならばこの駅を通過する夜行列車は・・・

北陸、あけぼの、日本海、トワイライトエクスプレス、能登、きたぐに

と6本もあるのです。しかも、トワイライトを除くと、上りと下りが来るので1晩で合計13本も見ることができます。逆に長岡を通らない定期便の夜行と言えば、東北本線経由の北斗星、カシオペア、はまなす、サンライズ瀬戸・出雲、ドリームにちりんの5列車ぐらいでしょうか。本当に少なくなりましたよね・・・。

というわけで、1月12日、ちょうど寒気団が日本列島を襲った日に一晩中かけて動画撮影と写真撮影しておりました。寒さで苦行に近いものがありましたが・・・。

まずは第一弾としてトワイライトエクスプレスと急行きたぐにです。この日、トワイライトエクスプレスは札幌発大阪行きでした。ところが、大雪と強風で長岡駅に10分遅れて5時27分に到着したと思ったら、6時21分まで停車してました。(本当は5時29分発車)

急行きたぐには予定通りの運行で23時48分に長岡に到着しています。長岡の場合、大阪方面行きの列車は基本的に4番線に入るようです。この2枚は3番線側から撮影。


私の執筆した記事が以下に掲載されました

地デジ製品の基本とサードパーティメーカーの製品の比較記事です。

他にも『仕事の履歴』のページに、MacFan、Mac PeoPle、週刊アスキーの執筆実績を加えました

今月よりMac PeoPleさんでも書かせて頂くことになりました。あと、週刊アスキーさんでは771号でコンシューマー向けビデオカメラの春モデルのレビュー特集と、空気清浄機のレビュー特集を担当しています。

週刊アスキーさんで特集2本同時進行はなかなかキツかったですね。とはいえ、どちらの特集も面白い仕事でした。ビデオカメラ系は元々好きなので、嬉々としてテストしたり機材を借りたのをいいことに鉄道とか撮ってました。また、空気清浄機は各社の製品がズラリと並んで壮観でしたね。あと、タイムリーに家で使っている製品が壊れたので、新しいのを買い換える検討もついでに出来てしまうというなかなかお得な特集でした。何を買うかと聞かれたら、日立の EP-DV1000ですね。家は結露が結構酷いのと、洗濯物を部屋干しするので、結露対策と部屋干し感想があるのがありがたいところです。あと、空気の吹き出し口がルーバーになっていて適度にイオンを拡散させてくれるのもナイスです。あと、常磐線 常陸多賀にある日立アプライアンス株式会社さんに取材に行けたのも貴重な体験でした。お金もないのに奮発して往復でスーパーひたちのグリーン社(しかもC席)に乗ってしまったり。

ASCII.jpさんの地デジ記事は五輪特集ということで、頑張って一気に4本仕上げてみました。ぜひ見てやって下さい。

【執筆した地デジ記事】

ASCII.jp 五輪開催! PCでデジタル放送をキャプチャーする

第一回 イマドキのPC+デジタル放送の基本を知る

第二回 視聴機能で比較する地デジチューナー製品

第三回 家電レコーダーに負けないPC用地デジチューナーの録画機能

第四回 ネットワーク経由でもっと便利に地デジを楽しむ


2010年1月29日23時05分上野駅13番線-1

前回の続き

上野駅13番線を発車する下り金沢行き寝台特急北陸

寝台特急独特のなだらかな加速で構内を滑らかに駆け抜けていく。

跡には発電機を床下に装備しているスハネフ14独特のエンジン音と排気煙だけが闇夜に残った。

2010年1月29日23時05分上野駅13番線-2

2010年1月29日23時05分上野駅13番線-3

2010年1月29日寝台特急北陸入線-1

この光景を見られるのもあと少しですね。1月29日に撮影した上野駅13番線に推進運転で入線する金沢行き下り寝台特急北陸です。

この日は双頭連結器を装備したEF64 1031号機が牽引。

2010年1月29日寝台特急北陸入線-2

2010年1月29日寝台特急北陸入線-3

以前から噂のあった、タブレット型端末がアップルから遂に発表になったようです。

iPad無線LANモデル

iPad 無線LAN/3Gモデル

その名も『iPad』。ストレート過ぎてグウの音も出ないネーミングですが、名前としてはわかりやすいですね。

IEEE802.11nに対応した無線LANオンリー版と3G回線+無線LAN版がラインナップされるようです。日本で3G回線をどこが提供するかも焦点になってくるでしょうね。普通に考えればソフトバンクでしょうけど。2枚の画像のうち上部が黒いものが3G対応モデル。恐らくこの黒い部分にSIMカードを挿すスロットが搭載されていると思われます。ストレージはフラッシュメモリー式で16、32、64GBがラインナップされるようです。

価格は無線LANオンリー版が499ドル(16GB)、599ドル(32GB)、699ドル(64GB)、3G回線+無線LAN版が629ドル(16GB)、729ドル(32GB)、829ドル(64GB)とのこと。

また、ブルートゥースも2.1 EDRが搭載されるため、Mac用のワイヤレスキーボードが使えるようです。ちょっとこれはいいですね。他にもiPhone 3Gs同様にGPSとデジタルコンパスも搭載され、位置測定は無線LANと併用してできるようです。インターフェイスもiPhoneと同じ、ON/OFFスイッチと、ミュートボタン、ボリュームボタンです。iPhoneとの違いは、ミュートスイッチが左側から右側にきたみたいですね。ドック用のコネクターとスピーカーも搭載しています。もちろん、モーションセンサーも搭載しており、縦・横どちらでも使えるようです。

iPhoneのようにフラットな1枚パネルの形状をしており、9.7インチのIPS液晶を搭載。解像度は1024×768ドット。視野角は178度です。IPS液晶を搭載したのは視野角を確保するためでしょう。この手の端末は正面から見るだけではないですから。

端末の性質自体はMacではなく、iPhoneの巨大化版といったところですね。iTunesで管理するらしいです。また、iPhone用のソフトも動作するとのこと。個人的にはインテルCPUを搭載した小型Macを期待していたのですが、やはりアップルの主軸は既にMacからiPhoneといったところなんですね。ちなみに、CPUは自社開発の1GHzのA4プロセッサとのこと。

バッテリー時間は10時間、恐らくこのサイズと形状なので、MacBookProと同じ内蔵型のリチウムポリマーバッテリーでしょう。「約1,000回の充電後も80%以上の容量を保持できる」とのことなので、同じ技術が使われていると思われます。

本体はアルミニウム製で189.7(W)×242.8(D)×13.4(H)mm、重さは680~730g。これだと重さがネットブック並なので、せめて500gを切るぐらいは欲しいところですね。

噂通り電子ブックに対応します。iTunes Storeの1コンテンツになると思いますが『iBookstore』というのが開設されるらしいです。日本では出版業界の動向次第ですが、PSPの漫画配信で既に実績があるようですし、MacFanさんなんかはむしろ積極的にマガストアでiPhone版を販売しておられます。なので、それほど拒否反応は出ないのではないかと期待しています。むしろ、お世話になっている出版社の皆様がこれを契機に売り上げを伸ばして元気になって欲しいですね。

また、720pまでのH.264形式の動画再生に対応しており、YouTube HDなんかも見られるようですね。動画のファイルを大量に持っている人にはハンディタイプのメディアプレイヤーとしても使えるかも知れません。もちろん、H.264への変換は必要になるのでしょうが・・・。

ちなみに、専用のケースも用意されるようですが、ワードパットのように使えてこれもなかなかナイス↓です。

※画像は米アップル社のページに掲載されているものです。

iPad とアップルキーボード

iPadケース

【関連リンク】

アップル

製品情報

ニュースリリース

私の執筆した記事が以下の雑誌に掲載されました。

週刊アスキー 2010年 2月2日号

※アマゾンでなぜか出てこないのでリンクだけです。

というか、アマゾンは週刊誌売ってない??

P18-P19の『フルHDビデオカム7機種』を担当しました。

2月2日発売の2月19日号では特集もやってます。

私の執筆した記事が以下の雑誌に掲載されました。

RM MODELS ( アールエムモデルス ) 2010年 03月号

P26-P27の『PlayTrack』に関する取材記事です。

PlayTrack』は、KATOのNゲージ線路『ユニトラック』システムをPCで設計できるオンラインソフトです。

ユニトラックの全てのパーツはもちろん、今回のアップデートでユニトラムなども対応しているので、かなり色々とプランを練ることができます。

私も実際に記事を作成しながら試してみましたが、手持ちの線路がなくて普段はとうてい組めないような巨大なプランを練ってみたり、手持ちの線路だけでどんなプランが組めるのか限界に挑戦してみたり・・・と実際に線路を触っているよりも『PlayTrack』でやっている方が色々と面白いものを思いつきました。また、設計する領域の大きさを指定できるので、限られたスペースにどれだけ敷けるのか、精密に設計できるのもいいところですね。

月額300円とかなり安いソフトなのでみなさんも是非使ってみて下さい。

余談ですが、この表紙のEF510 北斗星色(500番代)・・・凄く欲しいです。KATOさん、TOMIXさん速く製品化してください!!

2010年1月9日早朝に大宮駅 4番線ホームから撮影した写真です。

この日は何が狙いなのか、早朝にも関わらず20人ぐらいのカメラマンがひしめいておりました。

前日にEF81 81が下り〈北陸〉を牽引しているので、その返却運用を期待してでしょうか??

ちなみに、そのEF81 81は1月10日の上り〈あけぼの〉に充当されたようです。

2010年1月9日撮影 EF64 1030号機牽引 寝台特急〈あけぼの〉 大宮駅にて

2010年1月9日撮影 EF64 1030号機牽引 寝台特急〈あけぼの〉 大宮駅にて

この〈あけぼの〉と〈北陸〉の写真を並べて見ると、同じような写真になっているので、〈あげぼの〉はEF81でも良かったかも・・・とか思ってしまいますね。もちろん、それ以上に撮った場所とアングルが同じだからというオチもついていおりますが。

2010年1月9日撮影 EF64 1053号機牽引 寝台特急〈北陸〉 大宮駅にて

2010年1月9日撮影 EF64 1053号機牽引 寝台特急〈北陸〉 大宮駅にて

2010年1月9日撮影 583系 大宮駅にて

2010年1月9日撮影 583系 〈わくわくドリーム〉号 大宮駅にて

ちなみに、偶然ですが、583系秋田車6輌の〈わくわくドリーム〉号も撮れました。

2010年1月9日撮影 EF65 1094号機 牽引貨物 大宮駅にて

2010年1月9日撮影 EF65 1094号機 牽引貨物 大宮駅にて

今日は長岡までちょっと取材に行ってきます。

お金がもったいないのと、越後湯沢まで会社員のときにさんざん上越新幹線を使わせて頂いたので、今回は往路が「北海道&東日本パス」にて、水上経由の各駅停車の旅にしようかと思ってます。

とりあえず、長岡の新潟電塾に参加して、深夜にブルートレインでも狙おうかと・・・。

復路は1日かけて糸魚川まで行って、3月に退役予定のキハ52を狙うか、会津若松まで回って宇都宮線経由で帰るか、まだ未定です。(汗

« 戻る他のキーワードで検索 »