デジタルガジェットと鉄道に関する読み物サイト

6月15日の早朝に尾久まで〈あけぼの〉〈北斗星〉〈カシオペア〉を撮りに行きました。
フォトレポートっぽい感じでお届けします。

この6月の時期は日の出が早いので、6時45分頃に尾久を通過する〈あけぼの〉であれば、十分に明るい状態で撮ることが来ます。
尾久のいいところは、下り列車の撮影以外にも、回送の推進運転と、牽引機の格納作業を見られるところですね。
なので、1回で2度美味しいです。

さらに近くに田端機関区もあるので、国鉄型電機が好きな人にはたまらない場所かと思います。

下り〈あけぼの〉2010年6月15日6時47分 撮影

まずは、下り〈あけぼの〉を正面から撮影。客車側が逆光なのでイマイチな感じですが。


下り〈あけぼの〉 10年6月15日撮影

列車が通り過ぎたらそのまま振り返って、最後尾も撮影。ちなみに、183系の修学旅行臨の回送が通り過ぎていきました。


回送〈あけぼの〉2010年6月15日撮影

撮影が終わったらすぐに、尾久車両センターの上野側入り口にある踏切まで移動。推進運転の回送を撮影。


回送〈あけぼの〉2010年6月15日 尾久にて

踏切の前を通過し、尾久車両センターに入線する〈あけぼの〉ヘッドライトが付いていない以外は推進運転かよく分からない写真です。


回送〈あけぼの〉2010年6月15日撮影 尾久にて

さらに尾久車両センターの奧へと進む〈あけぼの〉このあといったん留置線に入りますが、客車はすぐにDE11に引かれて洗車場に向かいます。

あけぼのを牽引したEF64 1053 2010年6月15日撮影 尾久にて

すぐに牽引機が外され、ステップに乗った作業員に誘導されながら、機関庫に入ってきます。

とりあえず、今日はここまで。〈北斗星〉と〈カシオペア〉は気が向いたときにでも。

コメント

コメントを受け付けておりません。