デジタルガジェットと鉄道に関する読み物サイト

今日の話
とある記事の仕上げをしていたところ、ふとあることに気付いてメモリ8GB環境が必要になり、秋葉原までメモリを買い出しに行きました。
個人的にはメモリーは状態が良ければ中古でも問題ないと思っているので、新品を一通り見てから中古パーツ屋を巡り。

ターゲットはPC3-10600の2GB×2だったのですが、中古パーツ屋でも軒並み9,800円〜とか新品とそれほど変わらない値段が多かったですね。
とりあえず、UDXビル近くの『じゃんぱら』を2軒巡って・・・うーん。出物がなかなか見つからない・・・。

そういえば、7、8年ぐらい前は中古パーツ屋で掘り出し物を探そうと、目を血走らせて鼻息荒く「フゴフゴ」と言っている人をよく見たのですが、最近は見ないですね。

結局、ソフマップで8,500円のエリクサーチップ搭載の製品を発見。サックリと購入。ASUSのP7H57D-V EVOに搭載したところ無事に動きました。

ちなみに、行きがけに市川大野で京葉線用E233系の甲種回送を撮影。
EF64の1000番代ではなく、EF81というところがちょっと意外でした。

ちょうど学校が終わった時間だったためか、船橋法典駅にやたら学生が居ました。確かに船橋法典は撮影地としては良いポイントなのですが、島式ホームのため、先頭の機関車は撮れるのですが、後追いで後尾を撮る場合にはホームに足回りが隠れてしまって追えません。個人的な嗜好として、甲種回送の場合には、先頭の機関車はもちろん、後尾のE233系も撮りたいところ。
なので、対向ホームから機関車も後尾も狙える市川大野にしました。この駅は撮る人も少ないですし。とはいえ、市川大野で危険なのは、上り線の甲種回送の場合には、下り線に列車が入って被られる可能性があることです。幸い通過時刻付近を確認したところ、上りも下りも普通列車の時刻は16時41分発と同時刻。もちろん甲種回送は時刻表に乗っていないダイヤですから、上りと下りに同時刻に列車があるということは、つまり被らないということ。これで被りの危険性は無くなったので、喜んで行ったところ、伏兵が・・・。

甲種回送の通過時刻が16時35分と夕方の時間帯で日差しが低く、下り線の駅の屋根のおかげで上り線が全部陰ってしまっており駅場内は先端ぐらいしか撮れなさそうです。仕方ないので、ホームの中央に陣取って、構内の入線と通過後を撮ることに。それがコレ↓
京葉線のワインレッドの帯のE233系と東日本カラーのEF81という妙に色が統一されている編成ですよね。(笑

EF81 140号機 京葉線E233系 甲種回送-1

長岡のEF81 140号機が新津の車両工場で新造された京葉線用E233系を新習志野まで甲種回送(前側)5月25日16時35分 市川大野駅 下り線ホームから


EF81 140号機 京葉線E233系 甲種回送-2

長岡のEF81 140号機が新津の車両工場で新造された京葉線用E233系を新習志野まで甲種回送(後側)5月25日16時35分 市川大野駅 下り線ホームから

1枚目は81の先頭が陰っちゃってますね。実は逆光。(汗
2枚目はLEDの方向幕を撮れてない・・・。(泣
よくありがちな構図ですが、車輌が好きな私としてはこういうものの方が満足できます。車輌のディテールもよく分かるし。

コメント

コメントを受け付けておりません。