デジタルガジェットと鉄道に関する読み物サイト

ちょっと、前になりますが、とある用事で長岡に行きました。

これがメインの用事ではなかったのですが、もちろん、長岡と言えば、寝台特急北陸がEF64 1000番代から長岡のEF81に機関車交換と方向転換をする場所をなので、バッチリと取材してきました。

その様子を何回かに分けてお伝えします。

実は長岡というところは、この3月のダイヤ改正までは夜行列車のメッカとも言える場所です。なぜならばこの駅を通過する夜行列車は・・・

北陸、あけぼの、日本海、トワイライトエクスプレス、能登、きたぐに

と6本もあるのです。しかも、トワイライトを除くと、上りと下りが来るので1晩で合計13本も見ることができます。逆に長岡を通らない定期便の夜行と言えば、東北本線経由の北斗星、カシオペア、はまなす、サンライズ瀬戸・出雲、ドリームにちりんの5列車ぐらいでしょうか。本当に少なくなりましたよね・・・。

というわけで、1月12日、ちょうど寒気団が日本列島を襲った日に一晩中かけて動画撮影と写真撮影しておりました。寒さで苦行に近いものがありましたが・・・。

まずは第一弾としてトワイライトエクスプレスと急行きたぐにです。この日、トワイライトエクスプレスは札幌発大阪行きでした。ところが、大雪と強風で長岡駅に10分遅れて5時27分に到着したと思ったら、6時21分まで停車してました。(本当は5時29分発車)

急行きたぐには予定通りの運行で23時48分に長岡に到着しています。長岡の場合、大阪方面行きの列車は基本的に4番線に入るようです。この2枚は3番線側から撮影。


コメント

コメントする